PENTAS

20種類あるアミノ酸のうち、2個以上結合した物質の総称を「ペプチド」と言い、
5つ配列させて結合させたものを、「ペンタペプチド」と言います。
20種類あるアミノ酸のうち、チロシン【Y】−グリシン【G】−セリン【S】−アルギニン【R】−セリン【S】
の5つを配列・結合させたペンタ(5を表す)ペプチドを「YGSRS」と表現しています。
タンパク質と比較して、生理作用が拡幅され、新しい機能を持つ素材として活用が期待されています。
副作用がなく、多様な生理活性作用が望めるペプチドは、次世代に求められる素晴らしい物質です。

このYGSRSに乳酸菌マイクロ熟成エキス(大豆発酵熟成エキス)を配合した食品が「PENTASペンタス」です。
販売価格
15,000円(内税)
購入数